こだまの世界

A day in the life of...

帰国、『猿の惑星』、『セブン・シスターズ』など

昨晩は深夜に成田行きの飛行機に乗る。機内ではなかなか眠れず、映画を観て過ごす。時々うとうとした程度で、飛行機の揺れも結構怖かった。

猿の惑星:新世紀』。人間と動物の間で信頼が成り立つかというのが一つのテーマになっており、おもしろかった。ゲイリー・オールドマンはいろいろな役をこなせてすごいな。B

猿の惑星:聖戦記』。こちらは『地獄の黙示録』をネタにしている大佐と主人公のチンパンジーであるシーザーの対話の部分が白眉。感染症にかかったひとり息子を、人類を救うために殺すという功利主義的な話もあり。最後はかなり無理矢理な感じで終わったような。B-

THE COLONEL;
You’re much stronger than we are. And you’re smart as hell. No matter what you say, you’d eventually replace us, that’s the law of Nature. The irony is, we created you. We tried to defy Nature, bend it to our will. And Nature’s been punishing us for our arrogance ever since. Testing us. Even now.

THE COLONEL:
So emotional!
I can see how conflicted you are. You’re confused in your purpose. You’re angry at me because of something I did that was an act of war. But you’re taking this all much too personally.

セブン・シスターズ』。これはおもしろかった。人口増加抑制のために厳格な一人っ子政策を実施している近未来社会で、七つ子が一人の人格として30代になるまで暮らしていたが、なぜかバレてしまい、当局に殺されそうになる、という話。みなが違う性格で、何人生き残れるかわからないという設定がサスペンス感を高めている。B+

飛行機は朝、成田に到着。それからバスに乗り、お昼すぎに某親戚宅へ。

お昼をいただいてから少し昼寝。それから夕方までゆっくりする。

夜、夕食。その後、風呂に入ってさっさと寝る。