こだまの世界

A day in the life of...

「トイレありません」

「すみません、トイレ貸してほしいんですけど」

「いや、ここにトイレありませんって書いてあるでしょ」

「またまた。これ、うそでしょ? 本当はあるんでしょ?」

「いや、ありませんってば」

「またまた。うそばっかり。ほな店の中、ぜんぶ見せてください」

「やめてください。勝手に入ってこんといてください」

「あ、ほら。ここトイレやないですか。トイレあるじゃないですか。うそついたらあきませんやろ」

「あのねえ。そんなん言うたかて、店の入り口に『トイレあるけど貸せません』とは書けませんやろ。これはものの言い方の問題で、うそとはちゃいます」

「いや、店の中にトイレあるんやから、これは偽の命題で、意図的に書いてるんやからつまりはウソでしょ。ウソつき」

「ウソつきやなんて、失礼な。何回も言いますけど、これは婉曲的な言い方で、ストレートに言えば『トイレはあるけど、何も買わん人には絶対に貸しません』ということです」

「わかりました。じゃあ何か買っていきますからトイレ貸してください」

「承知しました。一名様ご来店〜」