こだまの世界

A day in the life of...

某サンディエゴ出張など

定時起床。朝食。午前中は娘の世話をしながら旅行の準備。

お昼前に某親戚の方に来てもらったので、一度大学に行き荷物を取ってから帰宅。それから伊丹へ。タクシーで京都駅へ。そこからリムジンバス。

お昼すぎに伊丹を出て成田へ。某先生らと合流。そこからさらにサンディエゴへ。機内での日記は以下の通り。

サンディエゴ行きの機内。離陸してしばらくPCで仕事をしていたら前の乗客が思い切り座席を倒してきて思わず声を出すほど驚く。横は子供だし、なんか大変そうなフライトだ。

ベジタリアンな夕食。コングという映画。なんでことのないアクション映画だがベトナム戦争の時代に設定したところが一捻りと言えるか。C+

しばらく読書。UCSDの先生の本で生命倫理の歴史。面白い。となりの子どもが貧乏ゆすりするので気になる…

ほんの少しだけ寝る。狭くて寝られないというか。トム・クルーズ主演のバリー・シールという映画を観る。米国政府の偽善性を歴史的に描くとともに悪人は長生きできないというメッセージを送る、なかなか面白い映画。C+

子どもにトイレを譲ったら、世話をしていた乗務員に感謝され、あとで朝食の際にチキンスープをいただいた。ベジタリアンだが感謝して半分いただく。

無事にサンディエゴに到着。現地時間は朝。一日が長い。某先生にピックアップしてもらい、昼下がりまでいろいろなところを視察。浜辺がよかった。

夕方にホテルにチェックイン。シャワーを浴びて少しだけ仮眠。

夜、某先生らと合流して中華料理。歓談。夜中にホテルに戻ってくる。もう少しだけ明日の発表の準備をしたら寝るべし。