こだまの世界

A day in the life of...

アンドロイド携帯購入、学会開始

定時起床。シャワー。

朝、近くの携帯屋(T-mobile)に行き、一番安いプリペイドのスマートフォン(Samsung Galaxy Y 5360)を購入。ホテルに戻ってからお昼すぎまでかかってセッティング。ネットに3G接続できずに困ったが、購入時に付いてくる15ユーロ分のお金とは別に、店で10ユーロ以上トップアップしたあと、4000番にSMSでInternet Maandと送れば一ヶ月350MBまで10ユーロで使えるようになる。結局お店でアクティベートしてもらうのが一番安全。日本語化についてはここを参照した。日本語IMEはOpenWnnの他にGoogleの日本語入力も入れてみた。

朝、バゲットとオレンジジュースを買ってから帰宅。スマートフォンを昼下がりまでいじったあと、しばらく報告の準備。それから学会会場へ。John Sulstonというノーベル賞学者による人口問題の話と、Frans de Waalによる動物の共感の話。de Waalの講演は超が付くほどおもしろかった。一流の学者はすごいと思わせるエンターテイナーぶりだった。このチンパンジー協力行動の話や(ゾウにも見られるそうだ)、不公平な扱いに怒る動物の話や視点取得の話など。おもしろいオープニングだった。

夜、簡単な懇親会に出席したあと、オーストラリアやイギリスの先生方とイタメシ屋へ。楽しく飲んで真夜中に帰宅。報告の準備をすべきだが、もう明日やるしかなさそうだ。